前へ
次へ

賃貸マンションを調べるつもりならば

これから賃貸物件の情報を調べて、マンションを借りるつもりでいるなら、賃貸マンションを取り扱っている業

more

賃貸マンションを借りたい希望があるなら

最近は、賃貸マンションを借りたいと感じている人がかなり多くなってきました。どこの業者にお願いをするの

more

賃貸マンションの低層階を選ぶメリットと注意点

まず、賃貸マンションの低層階は高層階と比べて賃料が安いです。高層階は日当たりや眺望がいい分、一般的に

more

賃貸マンションのすすめ

賃貸マンションを借りて住むか、住宅を買って住むか、これは、永遠のテーマであるに違いありません。しかし、結論を言ってしまえば、これはライフスタイルや家族構成などが、それぞれの人によって違うため、それにより左右されるということになります。

筆者は、三人家族の共働きで、都内の賃貸マンション住まいを選択しています。そのあたりの判断基準について、少し書きます。住まいで重視するポイントはいくつかありますが、現在、メリットとして感じることは、今後、状況が変化しても、住み替えが可能であること。そして、ローンなどの返済義務がない状態であることです。筆者は、現在子育て中ですが、子育て中とその後で、必要な住まいの大きさは変化すると考えました。また終身雇用や年金制度が崩壊する可能も考え、ローンを組むことには二の足を踏んでいます。ローンを組まずに購入できる不動産は、住まいとして、満足できるものが見当たりませんでした。賃貸マンションで、デメリットとして感じることは、長く住むことを想定した作りでないため、分譲マンションや戸建てより、設備が充実していないこと。また、内装も自分好みに改装したりすることが、不可能な点です。そして、月々支払う家賃は、不動産という財産の形にもなりません。上記のとおりに考えると、ある程度、長く住む想定で、充実した設備や自分好みの内装にこだわりがある方で、家族構成や生活環境、収入などに、大きな変化を予定していない方、ローンを負うことに問題がないか、ローンを組まなくても購入資金がある方、不動産を財産として所有したい方は、住まいの購入に適している、ということになります。現在、都内の新築マンションは高値で留まっているようです。中古マンション市場も活気があるようです。今後、2020年9月には東京オリンピックが終わります。その後、2022年4月生産緑地の解除が始まり、都内の住宅用地は増えると言われています。それに伴い、新築または中古マンションや戸建てを買いたい方にとっては、チャンスが巡ってくるかもしれません。今後、賃貸の集合住宅も飽和状態になる可能性が指摘されています。消費者にとって、多様な選択肢が用意された状況になるとありがたいですね。

Page Top